« 戻る RSS
技術交流掲示板
- ナノエレクトロニクス計測分析技術研究会トップへ -

[2249] Re:ラマン選択則 2012-01-24 20:24:37
お名前 : tt [ホームページ] カテゴリー : 【計測分析技術の話題】【計測分析技術
ラマン強度は

I=AΣ|es・Ri・ei|^2

で表されます。
ここで、Aは定数、Riは、モードi に対するラマンテンソル, es, ei は、散乱光、入射光の偏光方向を表すベクトルです。
これを使って計算すればいいのですが、入射と検出の偏光方向をどのように取るかで強度は決まってきます。
例えば、<110> 偏光で励起した時は <110> 偏光のラマン光が最も強いですし、<100> 偏光で励起した時は、<010> 偏光が最も強く検出できます。理論上は、双方とも同じ強度です。
応物学会誌の
応用物理 第75巻 第10号(2006) 1224.
に、ラマン分光によるSiの応力解析の解説が出ています。具体的なラマンテンソルの式が出ていますので、それを使って色々な方向の強度を計算してみるといいと思います。
 
パスワード :


list

題名 お名前 投稿日付 No. カテゴリー
 ラマン選択則 理科好き 2012-01-21 22:32:12 2248 計測分析技術
  └ Re:ラマン選択則 tt 2012-01-24 20:24:37 2249  
  └ Re:ラマン選択則 理科好き 2012-01-24 21:24:39 2250  
  └ Re:ラマン選択則 tt 2012-01-26 18:39:21 2251  


返信フォーム

お名前
メールアドレス
ホームページ
設置先
題名
メッセージ
  ファイルアップロードは1000kbまで可能です。
ファイル1 ファイル1へ添付可能なファイルは、 .txt .zip .lzh です。
ファイル2 ファイル2へ添付可能なファイルは、 .jpg .gif .png です。
パスワード
解決!! 解決した場合はチェックを入れてください。